忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日イベント打ち上げで飲み、今日は職場の合同飲み会で飲む。
正確には、うちの職場がテナントで入っているビルの管理事務局主催の合同タダ酒会でした。
ビルの屋上で行われていたビアガーデンの店じまい在庫総ざらえを兼ねて、毎年この時期に行われているのです。
自家製あらびきソーセージとピクルスが美味かったです。
特にセロリのピクルスが最強、マジうめぇ。


実は、今日の飲み会の存在自体をすっぱり忘れていたのです。
今朝同僚から
「今日参加するのー?」
言われて
「……あ?……!はい、参加です」
と微妙な間のある返事をしてしまいました。
下戸気味なので、2日連荘は体に堪えます。


でも今日からは夏目ないから早寝できるからいいんです。
ニャンコ先生の愛くるしい様が見られないけど、べ、別に寂しくなんかないんだからねっ!
一応テンプレ通りのツンデレを演じてみましたが、やっぱり動くニャンコ先生が恋しいです。
3ヶ月間辛抱すれば再会できるとはいえ……くそう、日常生活にニャンコ成分が足りない。





あ、そういえば黒執事の原作コミックスを、うっかりコンプリしてしまいました。
1話を見た翌日、職場ビルの本屋で1巻を購入。
そこの本屋さんには、ご同業(オタ&腐)と思われるバイトさんが多いので、放送翌日に1巻を購入するという行動は、ある種罰ゲーム的な、なんとも恥ずかしい物でした。
なんか、店員さんの目が
「うわぁ、こいつ放送翌日に1巻買うのかよ、確実にアニメからのポロロッカ組じゃん(笑)」
という冷ややかな光に満ちあふれているように見えたのです。
はい、被害妄想です。

で、原作コンプリ後の感想を軽くぶっちゃけておこうかと思います。
ネタバレ全開なので、気にしない方のみ続きをどうぞ。

まず始めに一言。


ドS執事に万歳三唱!




……すいません、自分Mっ気強いもので、ドSキャラに弱いんです。あとゴスも好きなんです。
実は1巻が発売されて書店に平積みされていた時から、
「……ドS腹黒ヅラ全開でご奉仕するバトラーだと、なんとけしからん!(ドM的な意味で)」
と気にはなっていたんですよ。
ただ、当時は私が某金東金術アニメの腐洗脳(?)からようやく逃れ始めていた時期だったので、自重しろと己に言い聞かせつつ、購入を見送っていたんですね。
でも結局この態です。飛んで火に入る初秋の腐です、ざまぁないです。

ただ、カプ云々などという事を全面に押し出して萌え狂っている訳ではありません。
アニメ1話を見たときに書いた『耽美な絵柄のギャグアニメ』という感想は原作にも通用するなぁ……などと思いながら読んでいたぐらいです。特に4巻のラストの『神の右手』の見開きには爆笑させていただきましたとも。
そのおもろさのついでに、画面に横溢するゴスで耽美な雰囲気を楽しめるなんて、一挙両得でいいなぁ、と思うのであります。
ストーリーに関しては、19世紀イギリス(ヴィクトリア朝)をネタにするならこれ使うよな、という所をがっつりカバーしてるという感じを受けます。切り裂きジャック、シェイクスピア、インド人関連、中国人関連、オカルト関連、どれもはずせないですね。特に死神と悪魔がロミジュリの台詞でやりとりする行などはたまりません。
……しかし悲しいかな、元来がシャーロック・ホームズ大好きで19世紀後半~第1次対戦前ぐらいまでのイギリスを一生懸命調べた人間なので(+10年以上前に由貴香織里さんの『伯爵カイン』シリーズを愛読してたおかげで)、ネタ方面では既視感に苛まれまくりながら読んでるというのが正直な所です。
その分、キャラの内面外面の描写に目が行ってしまうのかもしれません。

ということで、今後黒執事を読むときは、温かい視線で見守る姿勢を全面に押し出しつつ、折に触れて
「ちっくしょーセバスちゃんめ!この鬼畜め!悪魔め!帝王森川と小野Dの凶悪サラウンド状態でなじってくださいお願いします!!」
と密やかに身もだえるという、腐というよりは単なる変態ドM指向を忘れずにいたいと思います。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4
> カウンター
> カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> FLOP
逃げも隠れもできない、自虐大好き腐れオタクの毒電波発信基地。ベランダからのテイクオフ準備は万全。合い言葉はアイキャンフライ、倒れるときは前のめり。
> プロフィール
HN:
AKIRA
性別:
女性
職業:
カリスマヒッキー
趣味:
丑の刻参り
自己紹介:
黒とピンクのアポロチョコカラーリングが好きだと言い続けてはいたが、つい最近になって、正確にはアポロチョコはダークブラウンとピンクだと気付いて絶望した。
> アクセス解析