忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日も、事業仕分け絡みのネタを書きましたが、とうとう仕分けの結果がかなり身近なところに降りかかってまいりました……

漢方薬、保険適用除外の方針
http://hamusoku.com/archives/1403391.html

実は身内に難病指定を受けてる人間がおりまして。
普段は自宅でのんびりしてれば問題ないんですが、もしも37度5分以上の熱が出たら内臓に影響が出てしまうので即入院、という状態です。
その人は、薬の成分の競合を避けるためという理由で、風邪薬は葛根湯しか処方してもらえないんですよ。
調子が悪くなったなと思ったら、葛根湯で先手を打って封じ込めるという方法で、なんとかかんとか風邪の悪化による発熱を回避しています。
今回の仕分けによって漢方薬が保険適用外になってしまうと、その人ちょっとばっかり困った事になるなぁ、と。
もちろん、成分が競合しない別の薬を探し出す事は可能だと思うのですが、病気や薬に関しては、処方される側の気持ちの問題というのも無視できない物がありますのでねぇ……特に、薬がなければ日常生活が成り立たないような状況の人にとっては、心理面のウエイトもかなり大きくなるものですし。
たかが化粧品ですら、配合成分の1つを『鉱物成分』と書けば忌避するけれど、同じ物を『ミネラル成分』と書けば安心感が増す、という人が多いんですから。
それは似非化学というよりも、プラシーボ効果の一種であると思っております。


とりあえず、ネット署名の方に参加はしてきましたが……なんとなく心配だなぁ。
まあ、この間のスパコンの件を鑑みるに、でっかい声出せばあっさりひっくり返るような気もしますが(笑)


ご興味のある方がいらしたら、上記リンクをご覧になってみて下さいませ。







<追記>
少し詳しく調べてみたら、漢方どころか、一般薬局で売ってる薬(いわゆるOTC薬とかうがい薬とか)まで対象になるような文言になってるようですね。
イソジン程度の事ならなんとかなるが……ガストロームとかが対象外になったら私の胃壁の危機だ。
一般薬局で買えるとはいっても、お医者さんが同時に出す薬との兼ね合いを見つつ、必要な分だけを処方してもらえる方がありがたいんだけどなぁ。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
COMMENT : こんばんは
この件についてはデマであるという方もいらっしゃったので、一応ここにソースを貼らせていただきます。

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/11/post-0437.html

なんにせよ、ご無体な世の中にはなって貰いたくないですね。
ながとん 2009-12-02(Wed)00:22:53
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
> カウンター
> カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> FLOP
逃げも隠れもできない、自虐大好き腐れオタクの毒電波発信基地。ベランダからのテイクオフ準備は万全。合い言葉はアイキャンフライ、倒れるときは前のめり。
> プロフィール
HN:
AKIRA
性別:
女性
職業:
カリスマヒッキー
趣味:
丑の刻参り
自己紹介:
黒とピンクのアポロチョコカラーリングが好きだと言い続けてはいたが、つい最近になって、正確にはアポロチョコはダークブラウンとピンクだと気付いて絶望した。
> アクセス解析